彼女に渡すクリスマスプレゼント選びを迷っている方へ

 

クリスマスプレゼント彼女

女性にとってクリスマスは特別な日です。

特に好きな男性から貰うクリスマスプレゼントは一生の思い出となります。
しかし、いざ贈るとなると何を選んでいいのかわからないのではないでしょうか。
それは、彼女が気に入ってくれるかどうか確信が持てないからです。
でもご安心ください。当サイトでは彼女や女性に喜ばれる素敵なクリスマスプレゼントを提案させていただきます。
2016年クリスマスプレゼントランキング最新版をお伝えします!

 

2016年も残り少なくなり年末が近づくにつれ慌ただしくなりました。
今年はよい年を過ごせたでしょうか?
12月は最大のイベントのクリスマスがやってきます。
女性へ渡すクリスマスプレゼントは贈る相手やシチュエーションによって最適な物は変化しますが、一般的に人気があり貰って嬉しい総合ランキングは次の通りです。

 

クリスマスプレゼント総合ランキング

 
サプライズプレゼント

クリスマスプレゼント彼女

サプライズプレゼントの特徴

クリスマスプレゼントには定番のアイテムが無難な場合もあります。

しかし、毎年のように同じものだと贈る方も貰った方も面白くないし、マンネリ化してしまいますね。
今年は思いきってサプライズで彼女を喜ばしてみてはどうでしょうか?
日常では見ることができない彼女の驚きの笑顔や感動を感じとることができるかもしれませんよ!

 

 

 
アクセサリー

クリスマスプレゼント彼女

アクセサリーの特徴

人気ブランドのアクセサリーはクリスマスプレゼントに人気のあるアイテムです。

女性が貰って嬉しいクリスマスプレゼントの定番となっていますので失敗はまずありません。
高価なものから女の子が好むデザインまでいろいろあるのでお気に入りを見つけてください!
この冬の寒さに心温まる贈り物をしましょう!

 

 

 
財布・バッグ・スマホケース・時計

クリスマスプレゼント彼女

財布・バッグ・スマホケース・時計の特徴

クリスマスプレゼントに財布やバッグは人気アイテムの一つです。

財布や鞄は相手の好みもありますが実用的でおすすめの贈り物です。
色やデザイン、予算内でお気に入りの物を探してください!

 

 

 
花・ワイン・美容グッズ・スイーツ

クリスマスプレゼント彼女

花・ワイン・美容グッズ・スイーツの特徴

いいアイデアが浮かばないのなら花束に決めましょう。

なぜなら女性の心は優しく花束を貰ったら嬉しくなるものです。
最近ではフラワープレゼントはブリザーブドフラワーが特に人気があります。
また、ワインが趣味な彼女や女性には、高級ワイン、グラスなどがおすすめです。
美容グッズも意外と喜ばれます。

花・ワイン・美容グッズ・スイーツの総評

女性にとってスイーツは三度の飯より好きな物です。

ちょっとした気持ち程度のプレゼントにもいいし、スイーツと別の贈り物の組み合わせにも使えます。
人気の甘いスイーツを女性に贈ってはどうでしょうか。

 

 

 
モテる男のプレゼント

クリスマスプレゼント 彼女

モテる男のプレゼントの特徴

一流のモテる男にとって自分へのプレゼントは必要です。

欲しい物を手に入れこそモテる男になれるのです。
当サイトで厳選アイテムをご紹介します。

 

 

クリスマスプレゼント選びのポイント

クリスマスプレゼント選びのポイント

 

クリスマスはもはや恋人たちのイベントとなっています。
子供の時はサンタさんからクリスマスプレゼントをもらうのを楽しみにしていたけれど、彼氏や彼女ができる頃になるとお互いにプレゼントを交換するのが慣例となっています。

 

女性にサプライズのプレゼントを贈る際はシチュエーションが重要になってきます。ベタな渡し方では彼女をつまらい気持ちにさせてしまうこともあります。
女性はロマンチックな雰囲気を好みますので昼よりも夜の時間帯に渡すのをおすすめします。
夜景の綺麗なレストランで「今日はクリスマスイブだね!僕からプレゼントがあるんだけど・・・」とさりげなく言うといいでしょう。

 

女性から「こんな幸せなクリスマスイブは今までで最高…」と目をキラキラさせ感動した表情で言ってくれたら嬉しくなりますね。
また、サプライズで効果的なのは彼女が欲しい物に花束をいっしょに添えることです。
花束であればメリアルーメンで素敵な演出ができるプリザーブドフラワーが人気です。
予想以上のサプライズではヘリコプターから綺麗な夜景を見ることでしょうか。
ただし、彼女は高所恐怖症だったら困るのであらかじめ確かめておいてくださいね(笑)

 

ウケ狙いのサプライズでは月の土地がおすすです。
月の土地は権利書に日付を入れられるので誕生日プレゼントのほうが向いている感じもありますが、クリスマスプレゼントとしてもナイスなアイデアです。
月の土地の使い方のポイントはサブのプレゼントとして利用することです。
メインのプレゼントは別に用意しておくべきです。
月の土地だけではおそらく喜んでもらえないでしょうが、それをネタにして二人の会話が弾めば楽しいクリスマスを過ごせることになります。
彼女は月を見るたびに彼のことを思い出してくれることでしょう!

 

アクセサリー、ネックレス、ブレスレット、指輪は彼女が喜ぶクリスマスプレゼントとしてたいへん人気がありますので外せないアイテムですね。
ブランド物ではスタージュエリー、4℃、サマンサなどが人気です。
おすすめショップはニューヨークからの贈り物ジェイウェルドットコムFISSTHE KISSでクリスマス限定商品もあり要チェックしておきたいところです。

 

クリスマス限定の化粧品、化粧小物、手鏡、ポーチなども喜んでくれます。
財布、キーケース、ニット帽子、あげればきりがありません。

 

彼女に贈るクリスマスプレゼントで気になることといえば予算ですね。
予算は自分の年齢や状況、あるいは相手の年齢やお互いの付き合いの親密さによってまちまちです。
気持ちがこもっていれば金額など関係ないと女性は言ってくれますが、本音は違うようですよ。
特に社会人の彼女に贈るプレゼントはそれなりの金額を出費をしなければ男性としてもセンスを疑われることになりかねません。
ただ、学生の男性が社会人の彼女に贈る時は金額は気にしなくていいでしょう。
無理してバイトをして背伸びするよりも、学生の範囲内でできる精一杯の気持ちを伝えることができればいいのです。
学生を卒業して就職して社会人になった時に高価な品物にこだわっても遅くはありません。

クリスマスは何の日?

クリスマスプレゼント

クリスマスっていったい何をする日なんでしょうか?
イエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の記念日なのです。なるほどね!
それで、その日は何をすればいい日なんですかね?
フライドチキンや、デコレーションケーキを食べる日ですか?
枕元に大きな靴下さえぶらさげておけば、子供はゲーム機、大人はブランド品のバッグやアクセサリーなど、
高価なプレゼントがざくざく手に入るラッキーデーだと思っている人も多いのではないですか。
そして、クリスマスに欠かせない存在といえば、忘れてはいけないサンタクロースです。
プレゼントを運んできてくれるメタボリック体型の白ひげのおじいさん、
もしくは、「恋人はサンタクロース」、なんていうのが一般的なイメージですからね。
真面目に考えれば、考えるほど、本当にクリスマスって、
いったい何をどうすればいいのかわかならいという方がほとんどではないでしょうか。
そこで、クリスマスをこれまで以上に、心豊かに楽しく過ごすコツをお伝えします。
日本だけで行われているクリスマスの習慣を考え、
日本人だけが知らない世界標準のクリスマス文化に触れてみてください。
そのあとで、サンタクロースがおすすめする旧くて新しいクリスマスの過ごし方をご紹介します。
クリスマスのシンボル的存在のクリスマスツリーって、いったいなんのために飾られるようになったのでしょうか?

思い出すのは、アダムとイブが誕生したエデンの園の林檎の木ですが、園の中心にそびえたるもう一方の命の尊さを象徴する木、これを模して、クリスマスツリーが飾られるようになりました。
キラキラと輝くオーナメントは、エデンの園の林檎の果実や、降り積もった雪が夜空に輝いている様子を表現しています。
ヨーロッパでは、キリスト教が入る以前から、常緑樹のモミの木を永遠の生命の象徴として崇拝する樹木進行という風習があり、そこからクリスマスツリーといえばモミの木といわれるようになりました。
クリスマスツリーの発祥は、ドイツといわれています。
11世紀の宗教劇で、モミの木に林檎の実をつけてエデンの園を表し、やがてロウソクを飾って光を示したとあります。
その後、ドイツ商人のギルドが、その習慣をヨーロッパに広めたといわれています。
クリスマスのカウントダウンが始まる12月1日、家族総出でツリーを飾り付け、最後に一番上に輝く大きな星のオーナメントを一家の大黒柱がとりつけるというのが正式なクリスマスツリーの飾り方です。
では、クリスマスツリーはいつしまえばよいのでしょうか?

 

日本の最初のクリスマス

日本にキリスト教が伝来したのは1549年のことですが、その三年後には日本最初のクリスマスミサが祝われています。
1552年12月25日、ザビエルのあとをうけて山口で布教活動をしていた宣教師コメス・デ・レルトスらが、山口の司祭館に日本人司教を招いてクリスマスを祝ったといいます。
その後、現在の大分県である豊後府内に移ったトルレスたちは、1560年にはクリスマス劇場を上演しています。
なんとも革新的なことに、1566年には「クリスマス休戦」まで実施されました。
この年、三好三人衆と松永久秀の軍勢が堺付近でにらみ合っていましたが、当時堺に住んでいた宣教師ルイス・フロイスの誘いで、両陣営のキリシタン武士約70名が、12月24日の暁と翌日正午のミサに共にあずかったという記録が残っています。
ただし、その後、みなさんご存じのようにキリスト教は禁制となります。
もちろん潜伏キリシタンたちは密かにクリスマスのミサを守っていたでしょうし、長崎の出島でもオランダ人たちが「阿蘭陀正月」と呼ばれるクリスマスを祝っていたことが記録されていますが、表面上、日本国内におけるクリスマスの歴史は200数十年間中断しました。